セコムの緊急対処員が、現場急行してくれる安心感!

セコムの緊急対処員が、現場急行してくれる安心感!

通学途中にヒヤっとした体験の有無(小学生)

登下校中に、不審な人に後をつけられた、声をかけられたなど、ヒヤっとした経験をする子供が増えています。

 

小学生以下の子供が犯罪被害にあった事件は、1年間あたり約3万件と言われています。1日に25〜30件の事件が、毎日どこかで起きている計算です。

 

これから小学校へ入学する子供や、低学年の子供を持つ親としては、すごく心配ですよね。

 

でもそんな時、ココセコムを携帯していたら?ボタンひとつで、見守りを開始。セキュリティのプロがいつも見守ってくれると思えば、子供も安心です。

 

また、セコムの緊急対処員に現場急行を要請できるので、親としても心強いですね。

 

学校からの下校中、ひとりでいる時が、いちばんキケンです!

親がまず知っておきたいことは、下校時間の午後3〜5時が、子供がいちばん犯罪被害に遭いやすい時間帯だということです。

 

昼間の明るい時間も、子供にとっては安全ではないという事実に、親として何をすればいいのか、悩みどころではないでしょうか。

 

毎日、学校への送り迎えをしようにも、なかなか難しいのが現実ですよね。

 

子供に防犯ブザーを持たせても、周りに人がいない状況では、役に立たないかもしれません。

 

子供自身にも、防犯意識を身につけさせる必要がありますが、厄介なことに、子供のちょっとした隙をついて、不審者は近づいてくるので注意しなければいけません。

 

「男の子だから、うちの子は大丈夫」・・・などと安易に考えず、最悪の事態を想定して、準備しておくことが大切です。

 

セコムには、全国に約2,750ヵ所の緊急発進拠点があるから安心!

子供の安全を考えたら、ココセコムは外せません。(^^)

 

登下校中、変な人につけられて不安に感じたり、不審な人に声をかけられても、ココセコムがあれば、ボタンひとつでセコムへ通報でき、プロの目で見守ってもらえるので心強いです。

 

親からの要請があれば、セコムの緊急対処員が現場急行してもらえれるので、頼もしい限りですよね。

 

そんな私たちの期待にこたえるため、セコムでは、迅速な捜索の実現に向け、全国に約2,750ヵ所(業界最大)の緊急発進拠点を設け、緊急対処員が急行できる体制を整えています。

 

子供自身も、セコムの頼りになるお兄さんが助けに来てくれる!という確信が持てれば、安心して登下校ができるのではないでしょうか。

 

子供が悲しい事件に巻き込まれないためにも、防犯の備えだけはしっかりしておきましょう。

 

≪スポンサードリンク≫