子供の防犯対策にココセコム

子どもの被害は、全体の約5割が下校時に集中しています!

子供を対象とした犯罪は、3時台、4時台など、学校の下校時間に集中しているってご存知ですか?

 

子供を対象とした犯罪の発生時間

 

下校途中の子供をどのように犯罪から守るかが、大きな課題ですよね。

 

近所ぐるみで防犯に目を光らせる?
子供110番の家を確認しておく?
防犯ブザーを持たせる?
「いかのおすし」を覚えさせる?<
いざと言う時、大きな声を出す練習をさせる?

 

もちろん、全部大事なことです。

でも普段から大声を出す練習をさせていても、実際その時になって、言葉たくみに誘ってくる誘惑の声に、子どもがうまく対処できるか不安なところではないでしょうか。

 

防犯ブザーは壊れやすい上、いたずらと思われる可能性も考慮しなくてはいけません。

 

また、路上だけでなく、マンションの非常階段、建物の影にある自転車置き場、人気のないエレベーター等、人目が届かないような場所も犯罪がおきやすいのが現状です。

 

学校からの帰宅途中、親が知らない間に友達の家に遊びに行ってしまったり、何かに夢中になるうちに知らないところへ来てしまったなど、犯罪と関係ない場合でも、子供の帰りが遅いと心配になりますよね。

 

そんな時、ココセコムで子供の位置確認ができたら、安心できるのではないでしょうか?緊急に対処しなくてはならない場合でも、セコムの緊急対処員が急行してくれるサービスもあり、手が離せない場合でも安心です。

 

 


 

子供を犯罪から守るためには、防犯に強い家をつくることも大切です。玄関・窓にはアラーム付きの防犯グッズを取り付けたり、護身用品を揃えたり、警備保障会社と契約してイザというときに駆けつけてもらえる体勢を整えておくのも効果的です。警備会社の防犯シールを貼るだけで、まわりから見て「防犯意識の強い家」であることを知らせるこができるので、防犯対策としても有効なアイテムといえるでしょうです。セコム、ALSOK、セントラル警備保障などの警備システム、料金などを比較して、自分に合ったセキュリティを導入することをおすすめしたいです。